結婚式の披露宴で出す料理が大きなポイントです


誰もが楽しみにしている料理

結婚式の披露宴では、出席してくれた人々のために美味しい料理を振舞うことになります。お昼の時間帯の披露宴でも、夜の時間帯での披露宴でも同様に美味しい料理が振舞われます。出席する人たちはこの料理を楽しみにしていることが多いため、新郎新婦はそんな出席者の気持ちを裏切るわけにはいきません。披露宴で提供される料理は当然結婚式の前段階の打ち合わせで担当者と打ち合わせを行って決めていくことになります。どんな人が出席されるのかによっても内容を検討した方が良いです。と言いうのも、高齢の方が多く出席されるのであれば、中華やフレンチというよりも日本食が良いでしょう。その反対に若者が中心であれば日本食よりもフレンチが好まれるでしょう。また、費用をできるだけ抑えたいなら中華で決まりです。

ちょっとひと工夫の演出も嬉しい

披露宴の料理はフレンチ、日本食、中華、そして和洋折衷等となってきます。これはこれでどのメニューでも豪華な料理が出席者に振舞われるわけですが、ちょっとした工夫をすることで披露宴はもっと盛り上がります。披露宴でケーキ入刀を行えば、入刀したケーキが出席者に振舞われるわけですが、このケーキを含めてデザートに関しては、個々にテーブルに提供するのも良いですが、ちょっと変わった感じの演出をして、デザートバイキングコーナーを作ってみると面白いです。好きなものを好きなだけ自分で取りに行くスタイルです。小さい子供や若者には喜ばれますし、お年寄りでも自分が食べたいものだけを取れるので喜ばれます。

京都の結婚式場を選ぶときは、どのような雰囲気の式にしたいのかというのもポイントの1つです。また招待客の数や料理の味など、総合的に判断して結婚式場を選ぶことが大切です。