ローソファーってどうなの?メリットとデメリットはこれ


ローソファーのメリット

ローソファーはフロアソファとも呼ばれ、床からの高さが低いことが特徴となります。日本人は畳の部屋での暮らしが身近に感じられ、このローソファーは畳の部屋に座布団を敷いて生活する感じに似ています。メリットとなるのは幼い子供や小型の犬が上に乗ったとしても落ちる心配が無いことや、アパート等の限られた空間に置いても圧迫感が余り無い事です。またソファーでは足を伸ばす事は難しいですが、このローソファーならばクッションを背中に置いたような感じで足を伸ばしてリラックスした体勢ができます。休日に身体を横たえてゴロゴロしながら読書などをするのにも適したソファーです。

ローソファーのデメリット

ローソファーでデメリットとなるのは、その低さからテレビを観るのが快適ではなくなる可能性があります。テレビは台に乗せて高さがありますし、家具なども普通のソファーの高さに合わせてあると目線が合わずに違和感が出るかもしれません。統一感を出す為には、他の家具も低くする必要があります。また訪ねて来た女性がタイトのスカートを穿いていると、ローソファーでは足を伸ばしてすわるので居心地が悪くなるでしょう。ほかにもソファーに足がなく床が近いので、ホコリなど汚れが気になることもあげられます。高さのあるソファーであれば床の部分を掃除し易いですが、ローソファーは移動させて掃除をしなくてはならないので面倒に感じて下の掃除を後回しにしがちです。健康のためにも、定期的にローソファーを移動させて床の掃除をするようにしてください。

ローソファーとは、一般的なソファーに比べて高さが低いソファーです。こたつや畳を取り入れた日本の生活に馴染みやすいソファーです。